ワンルーム一人暮らしで不要なもの、捨てたもの【断捨離】

生活

私は1Kワンルームの部屋(8帖)に住んでいます。

入居前の物件確認で何もモノがない部屋を見た時は、結構広く感じて一人暮らしなら十分かなって感想でした。

その後、生活に必要な家具や家電を配置してみると、意外と収納スペースがないことに気づきました。モノが増えてくると広い部屋に引っ越したくなってきますが、そもそも本当にいるものなのかを考えてみると、無くても別にいいじゃんって思えるモノがたくさんあったので紹介します。

広い部屋に引っ越す⇨無駄なモノが増える⇨部屋が狭くなる⇨広い部屋に引っ越す… 

これの無限ループになってしまうのはだけは避けたい…

毎月の家賃は無駄なモノを保管する為に払うものではない。

ここからは、なるべく簡潔に書いていきます。

1年使ってないモノは捨てる (オールジャンル共通)

これは断捨離でよく言われること。

1年通して使わなったものは、高い確率で次の1年も使わない。

そしてその次の一年も…。 これも冒頭の部屋の広さと同様に無限ループに陥る。

1年使ってないモノは迷わず捨てる!

ただし例外はある

1年使わなかったら捨てるといいつつも、例外はある。

以下、1年ルールを適応しないモノの例をいくつか。

人のモノは勝手は捨ててはダメ【重要】

一人暮らしには関係ないが、人のモノを捨てるのはやめていた方がいい。

自分目線ではどう見てもゴミでも、他人にとってはお宝かも知れない。(でも大抵ゴミ)

どうしても気になる場合は、とりあえず別の場所に保管しておき、必ず所有者に確認してから捨てるのが吉。

契約書や証明書などの書類や印鑑などの重要なモノ

重要な書類や領収書などは安易に捨ててはいけない。

専用の保管場所を決めておき、中身をしっかり確認してから処分するようにしよう。

領収証などは確定申告などで必要になったりするので、間違って捨てたりするとヒドイ目に遭う。

印鑑や家のスペアキー、実家の鍵などは数年使わないことも多いが、ないと困る。

印鑑に関しては正直捨てたくて仕方がない。

日本ではまだハンコ文化が無くならないので、仕方なく保管中。

これらは保管スペースも取らないしあっても邪魔にはなりにくい。

捨てるメリットより、捨ててしまった後に、再度準備する手間のほうが大きい。

ハンコ文化はやく滅びろ。

玄関にある要らないモノ

傘なんて一本あればよい。

突然雨に降られてコンビニで買ったビニール傘は全て捨てよう。

傘立て

傘が1本なら傘立ても要らない、場所を取るだけ。

靴は用途ごとに1足ずつあれば十分。

必要なのはこれだけ。

  • 日常生活用のクロックス(買い物、ちょっとした用事で出かけるとき用。)
  • 普段履き用のスニーカー(1足でOK。バリエーションなど不要。)
  • 革靴(スーツを着る際に使用。仕事でスーツを着るなら2足あってもいいかも。)

ちなみに私は1年通して98%くらいはクロックスを履いています。理由は楽だから。

デカい靴箱

狭い玄関にデカい靴箱は要らない。

そもそも靴が3足しかない時点で靴箱は小さいもので事足りる。

私が使っているのはこれ。

お風呂・洗面・洗濯場回りにある要らないモノ

バスマット

マジで存在意義が分からない商品。

風呂出る前に足を拭けばいいだけでは…

  • 洗濯の手間
  • 濡れたままで雑菌の温床になる
  • 単純に邪魔

デメリットしかないので不要。

身体を洗う用のボディタオル

バスマットと全く同じ理由で不要。

身体はボディーソープを使って素手で洗うだけで十分。

浴槽洗い用のスポンジ

最近の洗剤は擦る必要なし。プシュっとスプレーして15分放置。これで完了。

擦る労力と浴槽の綺麗さは比例しない。無駄。

リンス、コンディショナー、トリートメント

男には総じて不要。

頭皮につけばハゲを促進させるらしい…。真偽は不明。

ロン毛にしている人なら使ってもいいかも。

無駄にたくさんある整髪料

  • ヘアワックス
  • ヘアジャム
  • ヘアムース
  • ヘアスプレー

そんなにたくさんの種類は不要。

いつも使う1軍だけ残してあとはポイ。

そもそも私は普段整髪料など使わない。

トイレ回りの要らないモノ

トイレマット

バスマット以上に雑菌の温床となるトイレマット。今すぐ捨てて欲しい。

これ毎日ちゃんと洗ってる人いるんだろうか。

だとしたら相当な労力だし、洗ってないんだとしたら多分汚い。

トイレ用ブラシ

お風呂のスポンジと同様の理由で不要。

トイレハイターをスプレーして放置するだけでピカピカになる。

私はキッチンハイターで代用しています。

主成分は同じ次亜塩素酸ナトリウムだから問題ないはず。(多分)

便座カバー

便座ヒーターがあるなら不要。

キッチン回りで要らないモノ

無駄に多いコップ

コップだけで6個くらいあったが、全て捨てた。

心の中の自分に問う。

「お前の家はそんなに人が集まることがあるのか?」

もちろん答えはNo.  自分の分だけあればよし。

お箸、フォーク、ナイフ

一膳あればOK。

そもそもスーパーにタダで置いてある割り箸がメインだからあんまりつかわない。

けどないと困る。

フォークとナイフ

そもそも私は普段フォークを使わない。

ナイフに関しては家の中で使ったことは一度もない。

なんで買ったんだろう。箸とスプーンで事足りる。

三角コーナー

存在価値が不明。

排水溝にネットがあるし、大物はゴミ箱に直接捨てればOK。

三角コーナー内のゴミ捨ての手間と取り替え用ネットのコストが無駄。

排水溝の蓋(黒いゴムのやつ)

こんなやつ。

コイツのせいで水が流れにくいし、ネット取り替えの時にいちいち外さないといけない。

蓋してパッと見の見栄えをよくしてるんだろうけど、実用性ゼロ。

臭いものに蓋をするな。

布巾

これも雑菌の温床。

キッチンペーパーかティッシュペーパーで十分。

クローゼットの要らないモノ

衣服

たくさんの種類の服を持っていてもその殆どは着ることなくクローゼットに仕舞われている。

実に無駄。

そもそも毎日違う服を着る意味もない。

毎回服を選ぶ時間も無駄だし、その判断に割く脳のリソースも無駄。

  • 半袖の服(夏) 同じモノを3着
  • 長袖の服(冬) 同じモノを3着
  • 長ズボン 2着(黒スキニージーンズとチノパン)
  • 半ズボン 2着(適当な乾きやすいやつ)
  • パンツ 同じモノを5着
  • 靴下 黒の無地1種類のみを5足

これだけあれば十分。

ユニクロで統一して同じ服(3着をローテーションして)を着るだけでいい。

衣服を畳むのも無駄だから種類ごとに仕舞うところを分けて、

洗濯後にそのままぶち込んでおけばOK。

どうせ着る時に広げるのにわざわざ畳む意味に分からない。

スーツ、礼服、ネクタイ

1着あれば十分。 ※仕事でスーツを着る人は除く。

無駄にたくさんあったスラックス類も全部捨てた。

ネクタイは冠婚葬祭用に2種類と、それ以外用に1種類あればOK。

ワイシャツも2着あれば十分。

カバン

近場への買い物や、ちょっとした用事なら持ち物はスマホだけあれば十分。

キャッシュレス生活をしているので財布も不要。

なのでカバンを使うことはほとんどない。

カバンを使うのは仕事でノートパソコンを持ち運ぶとき、旅行などくらい。

  • ノートパソコンが入るリュック
  • 旅行用の大きめのカバン(スーツケース)

必要なのはこれだけ。

あとは捨てた。特にショルダーバッグみたいなのは一番要らない。

見た目がクソダサいし、一体そこに何を入れるんだって感じの微妙なサイズ…。

それならポケットで十分。

リビングの要らないモノ

テレビ

インターネットがこれだけ普及している現代にテレビはもはや不要。

リアルタイムでやってる番組しか見れないというクソ仕様。

しかもスキップができないCMを強制的に見させられる。

貴重な自由時間がCMに奪われるのはマジで苦痛。

  • Amazonプライムビデオ
  • ネットフリックス
  • U-NEXT
  • YouTube

テレビの代わりはいくらでもある。

しかもいつでも好きな時に見れて、広告もスキップ可能。

完全な上位互換。

ブルーレイレコーダー、HDDレコーダー

テレビと同じ理由で不要。

ストリーミング配信が主流の現代で使うことはない。

時計

スマホとPCで十分。

同じ理由で腕時計も要らない。

座椅子、座布団、クッション類

座椅子は腰に悪いからやめた方がいい。

ソファによく置いてある謎のクッション類も用途不明な為不要。

ちなみにソファは必要。大画面で映画やYouTubeを見る際に使っている。

観賞用のオブジェ、絵画、写真立て、観葉植物

掃除の手間が増えるだけだから不要。

写真はデータ化しておけばいつでも見れるし劣化もしない、わざわざ飾る必要はない。

植物は外で見ればいい。

本棚、本、雑誌、漫画

大事なのは本に書いてある情報や知識なのであって、一度読んだ本にもう利用価値はない。

読んだらさっさと捨てるか、たくさんあるならまとめて売ったほうがよい。

本がなくなれば本棚も不要。

電子書籍を利用すれば、これらの手間もなくなる。

手紙、写真など

これはスキャンするか、スマホで写真撮ってしてデータ化したら、原本は捨てる。

紙で保管してもどうせみない。

データ化すればいつでも見れる。(でも多分見ない)

エアコン以外の暖房と扇風機

空調はエアコンだけでOK。

  • コタツ
  • 着る毛布
  • ファンヒーター
  • 石油ストーブ
  • 赤外線ヒーター
  • 扇風機

これら全部不要。特に燃料を使う暖房器具。

毎回灯油を買ってきて、部屋まで運ぶとかいう苦行をやる意味がわからない。

時間と労力の無駄だから要らない。

エアコン1本化が最も効率的で快適な手段だと思う。

快適ってとこが重要。

でも床暖房とかあれば、そっちのがいいかも。

スピーカー、サブウーファー

以前は外付けスピーカーを置いていたが、MacBookProのスピーカーで十分なので捨てた。

最近は家にいるときはずっとAirPodsProをつけている。

ノイズキャンセリングが優秀すぎる。もうこれ以外のイヤホンには戻れない。

サブウーファーも不要になったので捨てた。

年を取るにつれて、音質についてそこまでこだわらなくなった。

耳のピークは10代だっていうし、こだわったところで違いがわかる自信はない。

デュアルディスプレイ

これは作業内容とかによって大きく変わるので難しいところ。

私の場合、4Kディスプレイ1枚あれば十分。

フルHD2枚を使ってデュアルディスプレイにしていたこともあったが、

視線移動が多く使いずらいと感じたので割とすぐ買い替えた。

今はMacBookProをメインにしてその上に4Kディスプレイを設置している。

ノートPCと外部ディスプレイを上下に配置してみると以外と使いやすかった。

横の視点移動より縦の視点移動の方が作業するには楽に感じた。

iPadなどのタブレット機器

この前買ったiPad mini 6は既に手放した。

ネット上でも多かった意見が、iPad miniは上級者向けサイズってことだった。

たしかにスマホとノートパソコンの中間サイズで、使い分けが難しい。

というか私の用途ではノートパソコンとiPhoneだけで十分だった。

実際ほとんどの場合はiPhoneだけでなんとかなる。

ただiPadを使ったことで画面の広さの重要性には気づくことができた。

画面サイズが大きほど情報量が多く、効率的に調べ物ができる。

ということでiPhone SEを売却して、iPhone13 Proを注文した。

なのでタブレットは不要。大きめのスマホを買った方がよい。

まとめ

不要なモノを捨てたことで、身軽になることができました。

正直かなり偏った考え方だとは思います。

でも実際私にとっては、別になくてもいいよねってモノが殆どだったので捨ててよかったです。

おかげで今の部屋はかなり快適です。

一般的な家庭にはよくあるものでも、実は一人暮らしでは必要ないものがたくさんあります。

今回は以上です。

コメント